読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤滝のブログ

スマブラ4について考えたことを自分なりにまとめていく。ピット関連多め。実力はスマバト予選突破くらい。

ピット使いが考えるピット対策

最初に

 

この記事は、ピットに困っているので対策をしたいという方向けです。

 

ある程度対策ができている方には物足りないかもしれません。

 

ですが、うまく対策できず苦しんでいる方も多いようですのでこの記事を書くことにしました。 

 

読むのがめんどくさいという方は、一番下までスクロールしてまとめだけ見てもらっても大丈夫です。

 

また、これらは筆者の意見ですので、もっといい対策があるかもしれません。

 

それらを踏まえて読んでいただけるとありがたいです。

 

 

立ち回り

 

 

○最速DAと掴みが当たる間合いで戦わない

 

この間合いはDAも掴みも見てから避けることができません。自分のキャラの間合いでもない限り、接近するか離れて戦った方がいいです。

 

また、DAは判定が下側しかないので、SJ等で様子を見ながら戦うと効果的です。

いっそのことDAを釣るくらいの気持ちで間合い管理するのもいいですね。

 

ですが、ピット側はジャンプで逃げることを読んで空Nということもやってきます。

 

結論としては、間合い管理です。ある程度は見れるように間合いを調整しましょう。

 

 

○多段ジャンプを狩る

 

ピットの多段ジャンプは着地狩り拒否として優秀です・下手に技を出すと逆に反撃されてしまいます。

 

そこで、相手の空中ジャンプに空中攻撃を合わせてリスクをつけるようにしましょう。

そうなるとピット側は無理やり降りる必要が出てくるのでそこを狩リましょう。

 

また、ピットの空中ジャンプの回数は3回です。ジャンプが切れたらチャンスなのですかさず狙いにいきましょう。

 

 

○着地狩りを拒否する

 

これについては割と大雑把なことしか書けないので飛ばしてもらっても構いません。

 

ピットの着地狩りはかなり強いです。その状況は不利と言わざるを得ません。

 

ですが、なんとか拒否したいですよね。拒否方法としては、主に次のものが挙げられます。

 

・ジャンプや移動技を使い、安全な場所に着地する。

・空中攻撃を押しつけて着地する

・ジャンプや落下速度が変わる技を使い、着地するタイミングをずらす

・回避で相手の対空技を避けて着地する

 

また、ガーキャン掴み対策として着地即回避や掴みなどもありますね。相手の動きや距離をみながら最適なものを選びましょう。

 

特に気をつけなければいけないのは上スマとDAです。

どちらも非常にリーチが長く、まともに勝負するのは厳しいです。できるだけ相手にしないほうがいいですね。

 

台がある場合はそこで着地してから降りるのもいいいです。

どうしても無理、と感じた場合は崖に逃げましょう。着地狩りでダメージをもらうよりましです。

 

 

○下投げをベクトル変更する

 

ピットの下投げからはベクトル変更によって繋がる技が変わってきます。

0%~40%くらいのときは比較的内変更がいいように感じます(感覚でごめんなさい)。

 

無変更や外側では空後を本当てされたり、上スマが繋がる%が広がったりします。

 

上スマをくらわない%になれば外変更が安定です。空上が繋がりづらくなり、空前で安く抑えることができます

 

また、下投げの後はむやみに回避すると、貯めスマッシュやメテオをくらう可能性があるので、動かないか暴れやジャンプを選択しましょう。

 

 

○斜め上から空中攻撃を押し付ける

 

これも効果的です。ピットの攻撃は斜め上に強いものが少なく、ダッシュ行動が中心なので、気をつけてさえいれば有利に試合を進めることができます。

 

一応対策として空中攻撃を置いてくることが多いので、それに対する対策も書いていきます。

 

ピットの空前、空下は発生が早くなく、リーチはそこそこ長い技です。

判定はそんなに強くないので持ちキャラの技の判定が強い場合は、そこで勝負するといいでしょう。

斜め上から差し込む場合は、特にリーチのある空前置きに気をつけつつ技を置いていきましょう。

 

空Nは発生は早いですが、リーチが見た目の2/3程度しかなく、自分が既に出した技が判定負けすることはあまりありません。

主にダッシュしてから相手のジャンプやダッシュ潰しで使ってきます。

ですがこの技は着地しても隙がないので、攻撃に当たらないようにしつつ早めに動きDAやダッシュつかみなどで狩りましょう

 

空後は判定はまあまあ強いですが、後ろ向きで出さないといけない上、発生は早くはないので、差し返しで使ってくることが多いです。

 

 

○回避につられない

 

ピットの回避はもともと優秀な部類なのですが、音とモーションにより鋭さがましてかなり見づらいです。

ピット側はそれを利用して攻撃を釣って来ることも多いです。(ダッシュ→後ろ回避等)。

 

無理に回避を狩ろうとせずに相手の行動をよく見るようにしましょう。

 

ですが、優秀なゆえに回避が癖になっているピット使いも多いです。意識して低リスクな行動で狩れるとベストですね。

 

 

 ○発生の早い技で勝負する

 

ピットの地上技の発生は接近戦が得意なキャラと比べると遅いです。

 

地上では最速が弱と下スマの5F、空中では空N の4F(ジャンプと合わせると9F)ですね。

(下スマ5F!?)

 

ですから、それより発生の早い技で潰すというのは有効な選択肢になります。

 

また、ピット側はそれを嫌がって回避で逃げることが多いのでそこを狩れるといいですね。

 

 

バースト拒否

 

 

すごく大事です。ピット側は早期バースト手段が少ないので、徹底されるとかなり嫌です。主に気をつけるべきは崖側と着地狩りされる時です。

 

 

○崖際

 

※あくまでバーストされそうな時の崖上がり方法です。間違えないようにしてください

 

・その場上がり

最も危険です。あまり選択しない方がいいですね。

バースト手段が横強先端、前投げと2つもあります。100%を超えたあたりから警戒しましょう

 

・回避上がり

これもかなり狩られることは多いですが、一点読みされない限りバーストされる可能性は低いです。

1回くらいは見せるといいでしょう。

 

・ジャンプ上がり

これが(比較的)一番安全です。

ジャンプ上がりをする上で一番気をつけなければいけないのは、そう、着地狩りですね。超範囲の上スマが待っています。

なんとか拒否しましょう。これについては後の着地刈りで詳しく説明します。

 

・攻撃上がり

これはほとんどやらない方がいいです。ピット側はなかなかガードを解かないです。

もしやりたいのであれば、崖無敵が切れた時(.時間切れや2回目の崖捕まり)で釣りながらですかね。

 

ガードされると反確横スマをお見舞いされます。

 

・崖はなし

この行動はキャラによって変わりますが、できるなら使った方がいいです。というのも、他の選択肢が乏しすぎるんですよね。 

 

崖離しからの空中攻撃や空中回避で崖上に上がられると、ピット側は意識を割かないといけないのでかなりやりづらくなります。

 

一度通せばほかの選択肢も狩られづらくなるでしょう。この場面でも前投げや上スマには気をつけて。

 

 

○着地狩り

 

 ここでは、着地狩りでバーストされないようにする方法を書きます。重要なのは着地狩りされないことではなく、バーストされないことです。

 

まず、絶対に気をつけるべきは上スマです。

他の技をくらったとしても、この技だけはくらわないようにしましょう。「死ななきゃ安い」です。

 

まず、着地地点をずらすか空中攻撃を出しながら降りることを考えましょう。

この場面でタイミングをずらして着地するというのは、読まれたらバーストしてしまうのであまりよろしくありません。

 

次に、真下に潜られて両方無理だという場合は回避着地しましょう。DAや下スマならそうそう死にません。

 

もう少しダメージが溜まるとダッシュアッパーでバーストされる可能性が出てきます。

 

アーマーつきの技なので空中攻撃を押し付けながらというのも危うくなってきます。

 

ただ、これはピット側にもリスクがあるのでピット側のダメージも溜まっている時はさほど警戒しなくてもいいでしょう。(くらったらごめんなさい)

 

また、ラインとダメージによっては前投げも警戒しなければいけません。

 

 

 

まとめ

 

特に重要な部分だけピックアップします。

 

 

・最速DAと掴みが当たる間合いで戦わない 

 

・空中ジャンプを読んでリスクをつける

 

・高%時は下投げを外変更

 

・バースト拒否では上スマを絶対にくらわない

 

・ダメージがたまったらその場上がりは控えめに

 

 

ピットは一発逆転要素が低いキャラなので、バースト拒否を頑張れば勝機はあります。

 

対策ができている人と対戦するのは筆者にとってもプラスになるので、ぜひ対策を進めてほしいです。

 

シンプルながら奥が深いキャラなので自分で使ってみるのも楽しいですよ。